フロリダ マナティーが海藻減少で大量餓死

【フロリダ】St. Johns River Water Management Districtによると、フロリダ半島の東岸にあるインディアンリバーラグーンでは、マナティーの主食となる海藻が減少している事によって、大量のマナティーが餓死している事が報告されています。

原因は肥料や浄化槽からの排水等によって水中の栄養が飽和した結果、日光が水中に届かなくなり海藻が育たなくなった為と考えられています。
調査によると海藻の生息域は2009年から58%減少、解剖されたマナティーの死体の胃袋は空だったとの事です。

2020年にはフロリダ州全域で637体のマナティーの遺体が確認されていましたが、2021年は2ヶ月経過下地点で既に300件以上が確認されています。

地元の保護団体は、今までに発生していなかった緊急事態であるとして、早急な対応を訴えています。

Dramatic rise in manatee deaths concerning experts
Since Jan. 1, more than 317 manatees have died compared to the same time period in 2020 when there were 96 deaths.
マナティ : カラパイア
動物・自然・宇宙・超常現象などの不思議と謎をテーマにした国内最大級のニュースバラエティサイト

タイトルとURLをコピーしました